「介護事故報告書」てどう書いたらいいの?介護事故報告書を大解剖!

Accident-Medicine

現在介護事故の報告基準を定めている統一規制はまだ未整備で、全国で整備されている市町村はまだ半数にも達していません。

全国で一体何件の介護事故が起きているか件数や内容はもとより死亡者の数や入院者数の調査すらできていないのが現状です。この事を理解していただいた上で、介護事故が発生した時に事故報告書をどのように書いたらいいか解説します。

 

介護事故報告書とは

現状介護事故報告書に対する取り組みは、各都道府県で違い、国レベルでの統一規制が早急に制定されるべきで、年々増加してきている介護施設、在宅介護での事故発生を減少させる為に事故の発生記録として介護事故報告書の統一規制が必要不可欠でなければ今後介護事故は更に増加する恐れがあります。

介護事故報告書の統一を考える上で最も重要なことは以下の点ではないかと思います。

1. 介護従事者の待遇改善

現在介護従事者は年々不足しており、その現状も介護事故の発生の原因の一つだと考えられます。不足している要因の一つして介護従事者の勤務条件に対して待遇面が他の業種に比べ低く介護従事者になる人が減少してきています。

2. 介護事故の特徴の把握

[介護事故]
介護サービス提供中に発生する事故で、骨折、外傷、転倒、転落、や精神的苦痛等の身体に係わるものが殆どで、サービスも利用者の生活の場で行われ、 365日24時間生活の場面に接しているために介護事故の発生も多くなるリスクがあります。

[事故の対象者]
介護サービス中の事故は集団への事故ではなく、利用者という個別(一人一人の利用者)との間に起きる事故で
その事故防止策として、多いに活用されるべき利用者の安全を守る方法が利用者個々に作成されるケアプランです。

サービス提供者は最低限このケアプランを着実に実行することにより介護事故報告書の発行件数の減少へ繋がっていくと思います。

3. 介護事故報告書の作成の意義

決して起こしてはならない利用者への介護事故に対して、介護事故報告書の作成をすると言う事の意味をよく理解して作成にあたって欲しいと思います。

作成するにあたり集めた情報が不足していたり、正しく記載されていないために誤った判断や今後に繋がる正しい防止策が考えられない事態になってしまいますので情報の収集には万全をつくすようにしてください。

事故報告書の作成は、再発防止のための原因分析をすることと、ご家族や関係者への事実報告の情報として、また、最悪の場合訴訟の時の資料となります。

介護事故報告書が発行しないことが最も望ましいことですが、今後発行するような事態が発生した場合ここに記載したような内容を注意されて、今後の再発防止のために、最善の努力を尽くしてみてください。

 

32

 

介護事故報告書は客観的に

この項目では少し視線を変えて介護事故報告書について客観的な視線で分析してみたいと思います。そもそも 介護事故はなぜ起きるのか?その原因はどこにあるのか?というような点を考えてみたことはありますか。

最近マスコミなどで報道されている介護事故の最も多く発生している事故が、家族内での介護の「思いやり殺人」や事故です。また介護施設での人権を無視した介護者の無謀な扱いによる事故が多発化してきています。

よく介護をする人からの意見で家族間での介護は非常に難しいと言われています。それは家族だから言える「無理難題」「わがまま」 等がお互いにストレスとして蓄積されていきます。

「もうこれ以上は見てやれない」「この状態を続けさせるのはかわいそう」等と家族だからの私情がある為に思いもよらない事故へと発展していきます。これが介護サービス従事者なら仕事のプロとして接していくことでまだ事故は防ぐことは可能になりますが・・・

一方では介護従事者による信じられない利用者への虐待が全国の介護施設で増加している事実に目を背けることはできません。施設に入居している利用者にとって家族より最も身近にいて信頼している立場の人がこのような行為になる事が最も悲しい事実ではないでしょうか。

この原因として考えられる要因として以下のような事が上げられると思います。

1. 信頼する家族との離れた距離

施設に入居して過ごしている利用者の多くは、自分の息子や娘といった家族から離れて一人で施設に入居することになり、その家族もなかなか本人への面会等接する機会も少なく入居した利用者は孤独という暗闇の中での生活に堪え忍んでいくことに精神的なダメージを抱くような状態になります。

2.人材不足による質、モラルの低下

また介護する側の立場の人間も人手不足により、介護の基本的教育をうけた人材が少なく、臨時雇用者で介護資格や経験の少ない人材が、孤独で精神的な痛手のある利用者に接することでお互いに耐えれない空間ができて、その最終的解決方法が虐待等介護事故へと繋がる痛ましい事実があります。

このようにあってはならない事故の実態が現実としてあります。このような事実を繰り返さないために。より詳しい介護事故報告書の作成が必要になると思います。

 

160425160054_0

 

介護事故報告書状況の書き方

では今あなたの周りで何らかの介護事故が発生した場合、事故報告書の状況をどのように書いたらいいか少し考えてみましょう!!

まず、介護事故の状況を把握するにはかなり高い壁が予想されます。何故なら事故の原因が利用者自信の問題か利用者が被害者的立場かによって状況は変わってくるからです。

事故が発生した際に、当事者自ら状況の把握を行うのでのではなく、一刻も早い対応で第三者を呼びその人も立ち会うもとでの状況把握を行うことが大前提です。自分だけで行うと間違った捉え方が事故の原因されることもあるために決して単独で状況の把握を行わないようにしてくさい。

又次のような点を注意しながら状況の把握についてまとめてみてはどうですか。

1. 事故の状況をより詳しく又ビジュアル化して残す。

事故の状況は加害者的立場と被害者的立場では、理解する内容に食い違いが出てくることもありますので、事故発生時には手持ちの携帯やスマホで撮影によりビジュアル化で残すことをまず第一にお勧めします。

2. 事故報告書への記述でもより具体的に状況を表現しましょう

例えば事故状況の報告で 「ベッドから転落した」とだけ説明するよりも、「どのような状態で倒れていたか」、「足の位置や頭の位置はどのような状態だった」か等細かな現場の状況が分からないと原因の追求も難しくなります。撮影が無理な場合は 図等を用意することにより明確な状況判断をとなります。

事故報告書の状況を書く場合、より細かな情報を集め第三者による立証を含めて作成することが最も重要ではないかと思います。

 

couple_setsumei

 

介護事故報告書原因と対策の書き方

介護事故は起こらないように介護サービスする人もされる側も万全の注意を払うべきだと思います。しかしながら人が人にサービスですることですので事故を100%防げるというものではないかも知れません。

その為にはどのような未然防止策や事故が発生した時の速やかな原因追求についどのようにすべきか対処方法を考えていきましょう。ご自身の回りでもしこのような事態が発生した場合参考にしてみてください。

そこで介護事故が発生した場合最も重要な原因とそれに対する予防策、今後それを防ぐための余地等の細かな情報を集め「再発防止のための情報と発生の原因」を考えて事故報告書に記載することが重要です。

では明確な事故原因と再発防止策を引き出すための方法について 少し考えてみましょう!

介護事故の原因を考える上でまず第一に考えるべきことはより詳細な原因のまた原因の追求です。その一例として、ここで一つ追求の方法を教えますのでいちど試されてみてください。

重要なのは(なぜ、、なぜの繰り返しによる真の原因追求)です。

・なぜ、利用者様はトイレ介助の時に転倒したのか

・利用者様を一人にしたから

・なぜ、利用者様を一人にしたのか

・替えのおむつを取りに行ったから

・なぜ、替えのオムツを取りに行ったか

・違うタイプのオムツをもって来てしまったから

・なぜ、違うタイプのオムツをもって来てしまったか

・予定表でオムツのタイプ確認しなかったから

・なぜ、予定表でオムツを確認しなかったか

・チェックすることを忘れてた。

このように原因の原因を追及することで掘り下げた真の結論を導きだしてそれから防止策や予知へと繋がる内容のある事故報告書が作成でき本当の目的を達成することができます。

この原因の原因を徹底して行えばおのずととして明確な防止策は見て来ますので決してこの原因追及を怠っては次に繋がる対策はありません。

 

まとめ

介護事故報告書は書かないことが一番のいいことですが、もし書くような状況になればここでお伝えしましたように「原因を原因で追及する 」その姿勢は利用者様にとっても色々な言動や、行動、を原因という観点から見ればいろんな問題や防止策が出てきてそれにより介護事故防止に貢献できると思います

qna