「介護の志望動機」を集めてみました!介護を始めた理由10選

12345

今後、人手不足が深刻になっていくと言われている介護業界ですが、それでも全国では毎年多くの介護職員が就職したり、転職したりしています。貴重な人材となる介護職員たちですが、彼らはどういった動機でこの業界で働こうと思ったのでしょうか。

理由は様々ですが、多くの愛護職員たちは夢や想いをもって働いています。今回はその志望動機についてせまってみたいと思います。

 

周りに介護職が多かった

これは実際の面接でもたびたび耳にする理由です。

~志望動機1~

私の母親はもともと介護の仕事をしておりました。そういった姿を小さい頃から見てきましたので、いつしか自分も大人になったら介護の仕事をするのだという気持ちになっていました。
いつも母親から聞いている介護の仕事は大変な事も多いですが、とてもやりがいのある内容だと思います。

とても気になる利用者の方がいるといつも母から聞いており、その方の話を聞く内に私まで気になってしまって、早くこの仕事についてそういった方たちの助けになれればよいなと思い、この仕事をしたいと思いました。

~志望動機2~

自分の祖母がデイサービスに通っていて、家にもヘルパーさんが定期的に来てくれていました。祖母の介護をしているヘルパーさんたちはいつも祖母に優しくしてくださっており、そういった姿を見ている内に私もこの仕事についてみたいなと思うようになっていました。

このように、周りに介護の仕事をしている人がいたという事に影響を受けた方もいます。ヘルパーの他にも看護師、医者などに影響を受けたという話も実際に聞きますので、影響を与えた人たちはきっととてもよいお仕事をされているのでしょう。そういった方がこの業界で働いているというのは心強いですね。

ojiisan_kurumaisu

 

 

人の役に立ちたい

最も多い志望動機だと思います。なぜ人の役に立ちたいと思ったのかは人それぞれですが、人の役に立つ仕事をしたいと思ってこの仕事を選ぶ方はたくさんいます。

~志望動機3~

私は昔から人と関わるのが苦手で、友達も多くありませんでした。たまにいじめられる事もあって自分に自信がなかったのですが、ある日介護の仕事を知りました。この仕事なら人の役に立てるしとにかくやってみたいと思うようになりました。

いじめられていた経験から、人を大切にしたいと思う気持ちが人一倍強いと思っています。自分に出来る事はたくさんやってみたいです。少しでも笑顔を多く見せてもらえるようにがんばりたいと思いました。

~志望動機4~

中学から高校の時に介護の施設を見学する機会がありました。そこでは、高齢者の方をケアする介護職員さんたちがいたのですが、そこの利用者さんたちと介護職員さんたちがとても良い雰囲気でいたのが印象的でした。こんな雰囲気の中で仕事が出来たらいいなと思っていました。

やがて勉強していくうちに、この仕事の奥深さややりがいについてわかり、自分もやってみたい、そして人生の最後を「よかった」と言ってもらえるお手伝いがしたいと思いました。

~志望動機5~

私にはまだ介護の経験がありません。しかし、いずれ同居する義父や義母に介護が必要になる時が来ると思います。そんな時に介護の知識や経験があった方が良いと思い、この仕事をしてみようと思いました。

~志望動機6~

私はおばあちゃん子だったのですが、祖母が家で亡くなる時に私は何も出来ずに見ている事しかできませんでした。家には看護師さんやヘルパーさん達が来てくれていて、その方たちが優しく祖母や家族に接してくれているのを見ているうちに、自分にも出来るようになりたいと強く思うようになりました。

人によって理由は様々ですが、色々な経験から「人の役に立ちたい」と思って介護業界で働く事を選んでくれている人たちがいます。頼もしい限りです。

PIC-20160404132525

 

 

その他の理由

~志望動機7~

私は会社で事務員をしていたのですが、とても暇でした。時間を持て余しているのももったいなかったし、売り上げが悪いという事で暗に退職を促すなど社内の雰囲気が悪くなってきたので、今までやりたかった人と関わる仕事をしようと思ってこの仕事を選びました。

~志望動機8~

今まで会社で働いてきましたが、給料の不払いがあったり、会社の人間関係の悪さが目立つなど自分の将来に不安を持つようになりました。

いつ退職を迫られるかわからない状況があったので、今後継続した雇用の安定がある仕事を探していました。どうせやるなら専門的な仕事で人に関わっていきたいと思い、介護の仕事を希望しました。

~志望動機9~

昔から近所のおじいちゃん・おばあちゃんとよく話してきたので、同年代の友人といるよりも高齢の方の方が一緒にいて楽だからです。なので高齢者と関わるような仕事をしたいなと思っていました。

~志望動機10~

介護保険はしっかりしていると思っていたので、単純にこれからきちんと食べていけるなと思ったからこの仕事を希望しました。しかし、学んでいるうちに認知症の高齢者の方の実態などを知り、自分の事をしっかり訴える事ができない方がたくさんみえるという現実を知りました。そういった方の少しでも自分が助けになるならという思いで、改めてこの仕事をしたいと強く思いました。

新卒ではなく、ある程度社会経験がある場合は現実的な目的もよく言われます。一見ドライに見える事もありますが、多くの方たちはこの仕事にやりがいを持って取り組んでいる方がほとんどです。目的をはっきりと持っている分、ぶれないという強みがあります。

 

icon_business_man04-300x300

 

まとめ

志望動機は様々ですが、働く場合は一緒に目的を目指す仲間です。お互いの背景を大事にして利用者のADL、QOLを大切にしていけるケアをみんなで展開していけると良いですね。
今後ますます介護職員は貴重な人材になっていきます。

自身が専門性を身につけるのも大切ですが、一緒に働く職員も大切にしていける人間性を養っていく事も、魅力ある仕事のために大切なことだと思います。これから介護を目指す人が増えていくためにも、今この仕事をしている人たちが気持ちよく働き続けられるためにも、みんなでがんばっていきたい所ですね。

qna