「認知症学会」ってどんな役割?「認知症学会」を大解剖!

ダウンロード

お堅いイメージがある「学会」、それも「認知症学会」について触れてみたいと思います。
きっかけは、筆者が20年前に介護福祉を学び、実務に就いてきたのですが、私自身がもつ認知症に対する認識を、改めて見つめなおしてみたいと考えたからです。

私が学んだ認知症とは、脳血管性障害、アルツハイマー病、パーキンソン病のどれかに起因しているとされ、それぞれの症状を特徴づけて紹介されていました。
認知症の原因疾患とされるものが、数多く紹介されるようになった昨今、いまだに認知症の方に接する機会があると、ついこれはアルツハイマー病の症状だな、などと決めがちになってしまいます。

認知症に関する最前線の情報を得たい、そんな動機で「認知症学会」について調べてみました。

 

「認知症学会」とは

検索エンジンで「認知症学会」と入力してみると、複数の学会が日本に存在していることに気づかされます。
その名称から、それぞれの専門領域が何となく想像できますが、「認知症学会」とはどのような活動をされているのでしょうか?

いくつかHPを覗いてみると、認知症にどう向き合っていくのか、それぞれの立ち位置、あるいは理念が
語られています。
介護福祉に携わってきた私にとって、一読しただけでは簡単に理解できない医学的な内容もありましたが、なるほど。
役員一覧を見てみますと、全国の医師の方のお名前がずらり並んでいます。

またそれぞれの活動が紹介されていますが、認知症にまつわる認定資格を設け、認定するための資格要件、基準などを設定し、研修、試験などを開催しています。
他にも、機関誌の発行、学術集会を行っている学会も複数ありました。

共通したテーマと言えそうな点は、日本における認知症の方の数が急増している現状を踏まえ、これを
社会的な課題として挙げていることです。
この課題に対し、それぞれの「認知症学会」が、早期発見、早期予防、根本治療などの医療的観点で、
あるいは日々の支援と関わり方といった福祉的観点で、認知症にアプローチしています。

また、「認知症学会」がそれぞれ独立独歩ということではなく、互いに協力して、社会全体を巻き込んで、あるいは世界に先駆けて、認知症の方の急増という大きな課題に取り組まれている、と言えるでしょう。

 

setsumeikai_seminar

 

「認知症学会」はいくつもある

では、どのような「認知症学会」がかつどうされているのでしょうか?
実際にHPを拝見した「認知症学会」について、ごく一部になってしまいますが、触れていきたいと思います。

Ⅰ.日本認知症学会
こちらの活動でまず目を引くのが、「日本認知症学会専門医制度」です。
学会として認定した専門医名と、その方が所属する医療機関名などが一覧表示(都道府県別に検索可能)
されているため、例えば近所で、認知症の専門医を探すことが可能となるわけです。

認知症について、誤った診断、あるいは処方がなされた結果、ますます症状が悪化したケースは、時に耳にしてきました。認知症の原因疾患と考えられるものが、昨今では数十を数えるとも聞きます。

全国各地に認知症の専門医を教育、認定していこうとする活動は、様々な認知症の症状と日々向き合い、関わり、取り組む方たちにとって、大変心強いものだと感じます。

Ⅱ.日本認知症ケア学会
「ケア」と名称に入っていますので、介護福祉に携わってきたものとして興味がそそられるのですが、
こちらは「認知症ケア専門士認定試験」を実施されています。

学会として認定するため、試験と面接が課されていて、認知症ケアに特化した人材の育成を果たされて
きました。
また認定後も、「認知症ケア専門士」には、生涯学習に対する義務を課しています。
認知症に対する学識と高度の技能、さらに倫理観を兼ね備え続けるために、一度の認定試験で終わりではない、という学会の姿勢がうかがえます。

そしてこれに応えるかのように、全国の福祉現場で働いている方が「認知症ケア専門士」の認定を受けられています。

Ⅲ.日本早期認知症学会
「早期」と、「認知症」で、皆さんはどんなキーワードが思い浮かびますか?
私は「介護予防」だったわけですが、こちらのキーワードは実に多岐にわたり、どれも重要なものです。
ひとつは認知機能障害を生じる病態の原因の究明であり、また早期診断技術・治療法の開発、さらには患者家族が安心して暮らせる社会基盤の整備、等です。

そのため、会員の方も医師・看護師・リハビリテーションの医療職、介護などの福祉職、工学者などの基礎科学者、言語・心理・栄養・薬理の専門家など多彩です。
また、「認知症予防専門士」、「認知症予防専門医」の認定制度も実施されています。

Ⅳ.日本脳血管・認知症学会
認知症の原因疾患と考えられるものとは、実際どれくらいの数があるのでしょう?
こちらの学会では、HP内「組織の概要」として、以下のとおり触れられていました。

アルツハイマー病や血管性認知症、レビー小体型認知症、パーキンソン病関連認知症、前頭側頭型認知症などに関して、従来の分類でいう血管性認知症の観点を超えて、臨床的・基礎的研究を進めることを目的とします。
※HP内「理事長あいさつ」(2015年12月1日)より、一部抜粋、加筆

脳血管という1つのテーマは持ちつつ、その枠にとらわれず、幅広い視点から認知症を研究解明し、新しい診断法やしい治療法の開発に発展させていこうとされています。
その成果に期待せずにはいられません。

 

「認知症学会」の役割

いくつかの「認知症学会」について紹介してきました。
それぞれの学会が特有のテーマを持つ一方で、日本で認知症の方が急増している現状といかに向き合い、どう解決に向けた活動を行っていくか。
各「認知症学会」の存在意義を問う、大きな課題として底流に存在しているように感じます。

課題解決を図る手段の一つとして、専門医や、ケア専門士を養成、育成されている「認知症学会」について触れました。
日本全国に、こうしたスペシャリストが配置されることで、それぞれの地域で専門的な診断、治療、あるいは介護などの支援を受けられることが期待できます。

また、専門医の方から、各地の医師、看護師、リハビリテーションの医療職、さらには各地の医療現場へ。
あるいはケア専門士の方から、各地の介護福祉士など福祉職、さらには各地の福祉現場へ。
認知症への理解を深め、より専門的で個別的な対処が実践されていく、そんな波及効果も期待できるでしょう。

こうした波及効果によって、限られた社会資源をより有効に活用できれば、認知症の方の急増という課題にとどまらず、認知症の方と家族、それぞれが当たり前の生活を送り、より充実した日々を過ごせる地域づくりにも繋がっていくのではないでしょうか?

study_nurse

 

 

認知症学会は世界にもある

「世界アルツハイマーデー」について、聞いたことがありますか?
私は日付まで覚えていなかったのですが、毎年9月21日とされています。

1994年、国際アルツハイマー病協会(ADI)が、世界保健機構(WHO)と共同で制定しました。
アルツハイマー病に関する認識を高め、世界のアルツハイマー病患者と家族に、援助と希望を
もたらすことを目的としています。

この国際アルツハイマー病協会は、その名の通り、全世界のアルツハイマー協会が加盟する
国際組織です。
2017年4月、京都でADI国際会議が4日間にわたって開催され、数十の国の方々も参加されました。

「認知症学会」と少し話がそれてしまうかもしれませんが、この国際会議のテーマが「認知症:ともに
新しい時代へ」、その目的も「認知症についての認識を世界的規模で高め、認知症の研究、治療ケアに
ついて最新の優れた実践を学びあう」とされていましたので、紹介しました。

 

20140914早期認知症学会公開講座開会式-11

 

まとめ

2017年4月、京都で開催されたADI国際会議について紹介しましたが、こちらは「公益社団法人
認知症の人と家族の会」が共催する形で開催されました。

認知症の方、あるいは家族といった、いわば当事者の方々も、認知症への理解深めていこうと、
国際的に情報発信されているのですね。
「認知症学会」というテーマについて紹介してきましたが、誰もが当事者となり得る認知症について、
様々な取り組みがなされ、また力強い活動が行われています。
こうした活動が連帯して、社会を大いに巻き込み、認知症の方の急増といった課題を解決していくよう、願ってやみません。

qna