介護保険で特定疾病について事前に知っておこう!

Homecare nurse helping elderly lady to take her daily medicine.

介護保険の中に「特定疾病」と言われるものがあります。介護保険は通常65歳以上を対象とするものですが、日常生活において介護が必要になるのは、なにも65歳以上ばかりとは限りません。それ以前の年齢でも脳卒中など各病気にかかる方はみえます。

厚生労働省では65歳未満でも介護保険を使える仕組みを作っています。この特定疾病について紹介し、介護保険の理解を深めていこうと思います。

 

介護の特定疾病とは

介護保険における特定疾病とは厚生労働省によると「心身の病的加齢現象との医学的関係が考えられる疾病であって、次のいずれの要因をも満たすものについて総合的に勘案し、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因し要介護状態の原因である心身の障害を生じさせると認められる疾病である」
<要因1>
65歳以上の高齢者に多く発生しているが、40歳以上65歳未満の年齢層においても発生が認められる等、羅漢率や有病率(類似の指標含む)等について加齢との関係が認められる疾病であって、その医学的概念を明確に定義できるもの。
<要因2>
3~6ヵ月以上継続して要介護状態または要支援状態となる割合が高いと考えられる疾病

となっています。通常で言いますと、65歳未満の方が日常生活に介護が必要な状態となる障害などを持った場合、基本的には障害の制度を利用する事になります。障碍者手帳を申請して必要なサービスをうけるというもので、そのまま65歳以上になった時に介護保険制度を優先して使っていくというのが流れとしてあります。しかし65歳未満であっても、国が指定した「特定疾病」」に該当すれば介護申請を行う事が出来るというものが、今回紹介している特定疾病というものです。

 

howtokantaki_image2

 

 

特定疾病の範囲は

特定疾病は介護保険法に個別で疾病名が列記されています。その数は16種類です。
1:がん【がん末期】
医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。判断基準によると概ね余命が6ヵ月程度であると判断される場合を指す
2:関節リウマチ
自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病のひとつで、炎症性自己免疫疾患
3:筋委縮性側索硬化症(通称:ALS)
重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患。進行が速い場合があり、半数ほどが発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡する。
4:後縦靭帯骨化症
後縦靭帯が骨化する疾患。脊椎椎体後面を上下に走る後縦靭帯の骨化により、脊髄の通り道である脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されて知覚障害や運動障害が症状として現れる。
5:骨折を伴う骨粗鬆症
骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状を言う。背中が曲がる事に現れる骨の変形、骨性の痛み、さらに骨折の原因となる。骨折は一般に強い外力が加わった場合に起こるが、骨粗鬆症においては日常生活程度の負荷によって骨折を引き起こす。
6:初老期における認知症
40歳から64歳の年齢層において生じる認知症の総称。若年性認知症(若年期、初老期の両方を含んだ名称)とも言われる。原因となる疾患には、アルツハイマー病、前頭側頭型認知症(代表的な疾患はピック病)、血管性認知症、レビー小体病、クロイツフェルトヤコブ病などがある
7:進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
進行性各上性麻痺・・・脳の特定の部位(基底核、脳幹、小脳)の神経細胞が減少し、転びやすい、下の方が見えにくい、認知症、しゃべりにくい、飲み込みにくいといった症候が出現する疾患
大脳皮質基底核変性症・・・パーキンソン症状(筋肉の硬さ、運動ののろさ、歩行障害など)と大脳皮質症状(手が思うように使えない、動作がぎこちないなど)が同時にみられる疾患
パーキンソン病・・・脳内の中核という場所の黒質という部分の神経細胞の数が減る事が原因で、ふるえ、小刻み歩行などを主な症状とする疾患
8:脊髄小脳変性症
歩行時のふらつきや、手の震え、ろれつが回らない等を症状とする神経の疾患。動かす事が出来るのに、上手に動かす事が出来ないという、主に小脳という、後頭部の下側にある脳の一部が病気になった時に現れる症状。この症状を総称して、運動失調症状と呼ぶ。
9:脊柱管狭窄症
脊椎にある脊柱管という神経を囲んでいる管が狭窄する疾患。間欠性跛行(※かんけつせいはこう 歩行しているとだんだん足がしびれたり痛くなり、休むと回復する)が特徴。
10:早老症
体細胞分裂時の染色体の不安定性が認められ、加齢促進状態をもたらす病気
11:多系統萎縮症
線条体黒質変性症・・・最初パーキンソン病に似ているが、やがてふらつきや排尿障害などが出現して、抗パーキンソン病薬も効きにくい疾患
オリーブ橋小脳変性症・・・中年以降に発症し遺伝性はない。初発・早期症状として小脳性運動失調が前景に現れる。
シャイ・ドレーガー症候群・・・自立神経症状を主要症状とする
12:糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
糖尿病を起因とする神経障害、腎症、網膜症の合併症が依存する疾患
13:脳血管疾患
脳梗塞と脳出血、クモ膜下出血に代表される脳の疾患
14:閉塞性動脈硬化症
動脈硬化症は全身疾患であるが、それに伴って腹部大動脈抹消側、四肢の主幹動脈、下肢の中等度の動脈等に閉塞が見られる場合であって、間欠性跛行、安静時痛、潰瘍、壊死等の状態に該当するもの
15:慢性閉塞性肺疾患
慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎の状態に該当するもの
16:両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
両膝関節または股関節が何らかの原因で変形し、機能障害や痛みを起こした状態

 

ojiisan_bed-300x292

 

 

特定疾病で65歳未満の場合は

特定疾病になり、介護保険を使いたいのだけど実際にどうなっているのかという心配もあるかもしれませんので、ここで一度介護保険について簡単に説明します。

~介護保険は40歳から加入~
介護保険は「社会保険制度」です。市区町村が保険者となり、その地域に住む40歳以上の人が加入者となります。これは、自分の入る入らないの意志とは関係なく全員が対象となり、保険料の支払いが40歳から始まります。

~サービスを使う対象者は2種類~
介護サービスを使える対象者というのは65歳以上と65歳未満の2種類に分けられていて、それぞれ介護サービスを使える条件が違います。65歳以上の方を第一号被保険者といい、介護が必要であると認定されれば介護サービスを利用できます。どんな病気やケガかなどという事は問われません。
一方、40歳以上から65歳未満の方を第二号被保険者といいます。この第二号被保険者の方が介護サービスを使う場合は、特定疾病に該当する必要があります。なぜ40歳以上からなのかというと、40歳以上になると介護保険料の支払いが開始されますので介護保険の対象者という事になるからです。

特定疾病で40歳以上65歳未満であれば介護保険のサービスを使える、という事です。

 

特定疾病の申請は

第二号被保険者で特定疾病の場合、介護サービスを受ける事になると思いますが、ここではその申請方法について記載していきます。
第二号被保険者の方が要介護認定(介護が必要と認定される事)を受けるには、先述した16の特定疾病に該当している事と、それが原因で日常生活の自立が困難になっており、介護が必要な状態が6ヵ月以上に渡って続くことが予想される事が必要になります。

~申請の流れ~
1 市区町村に要介護認定の申請をする

2 要介護者の心身の状況を調べるための訪問調査を受け、そのデータに基づいたコンピューターの1次判定と医師の意見書をもとに、介護認定審査会によって要介護度が認定(2次判定)される。認定は、要支援、要介護、非該当がある。

3 要介護認定の通知を受けて、ケアプランの作成、事業者との契約を経てサービス開始となる

という流れです。実際には、市区町村の窓口で「地域包括支援センター」を紹介してくれたりなどのサポートをしてくれるのがほとんどです。地域包括支援センターは、各事業所のケアマネージャーの紹介をしてくれたり、各相談に乗ってくれますので、安心して進めていく事ができます。

 

tokuteisippei

 

 

まとめ

もしもの場合、今回お伝えしたような制度があるという事を知っているかいないかでは、自分たちの生活に大きく差が出ると思います。

または、相談先があるかないかでは自身の安心にも大きく影響すると思います。ぜひ知って、役立つ制度に名実ともになっていく事を願ってやみません。

qna