介護施設に入れない!?介護施設の入れない原因3選

5c055f27-8adf-4076-adc9-9a1ab53d502e

介護離職が大きな社会問題になっています。そのため国は2020年代初頭を目標に、特別養護老人ホームなどを増床する計画を掲げています。介護施設に入居希望を持たれている方には朗報ですね。しかし、いざ入居しようとなった時、介護施設に入れない場合があります。今回はその理由についてとりあげます。

 

介護施設に入れない理由は

在宅介護が困難になると、介護施設への入居を考えるようになります。しかしいざ介護施設と言ってもその種類はたいへん多く、入居できる条件もそれぞれで異なります。

例えば、介護保険施設である特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)は要支援認定を受けている軽度の方は入居できません。
また特養においては原則、要介護3以上の方しか入居申し込みができなくなっています。老健の場合の入所要件は、病状が安定しており、在宅復帰にむけてリハビリが必要な人となっています。そのため治療途中であったり常に医療的な管理が必要な方は入居ができません。
グループホームは認知症の方が入居する老人ホームですが、住所が同じ市町村内にあるものに限られています。サービス付き高齢者向け住宅では、医療依存度の高い方は入居できないことがあるようです。

上記のように介護施設の種類によって入居できない理由が違います。詳しくはケアマネージャーなどが教えてくれると思います。
次に介護施設の種類に関係なく、入居できない場合の理由を取り上げました。

以下の3つが多いようです。

・本人が介護施設への入居を拒否する
・介護施設の空き問題
・介護施設の環境整備問題

それぞれの理由について解説していきたいと思います。

介護施設への入居拒否

住み慣れた自宅から施設へ入居することはたいへんな環境の変化です。そのため、施設入居を考えるさいは、まず本人の意思確認が必要になります。認知症などがなく、意思決定を明確に行える場合は本人の意思が優先されます。そのさいに入居をはっきり拒否している場合は、その意思を無視して入居させることはできません。介護施設が入居契約を行うのはあくまでも本人とだからです。認知症がある場合の契約は家族が代理人になることが多いですが、その場合も本人の意思の確認が必要になります。

また、身体は丈夫でも認知症のため判断力が低下し、在宅生活が困難になることがあります。そういった場合も施設への入居を考えることになります。しかし中には介護施設自体を極端に嫌がる方がいます。見学に行った施設で自分がそのまま入居させられると勘違いし、職員や入居者に暴言や暴力をふるうというケースも。こうした入居に対する強い拒否を示す場合、施設からも入居を断られることがあります。認知症の有無に関係なく、本人が強く入居を拒否している場合は、介護施設に入れない最大の理由となります。

 

介護施設の空き問題

理由の2つめは施設の部屋に空きがない場合です。希望する介護施設があり、本人側の準備が整っていても施設の部屋が満床であればとうぜん入居することができません。この場合は空きがでるまで待つか、つなぎとして他の介護施設に入居し、空きが出れば転居という形になります。しかし、入居一時金が必要な介護施設もあり、金銭的に余裕がある方でないとこうした方法をとるのはきびしいかもしれません。

介護施設の入居費用の負担額はおおざっぱに言って以下のようになっています。

特別養護老人ホーム>サービス付き高齢者住宅=グループホーム>介護付有料老人ホーム

もちろん施設によって設備や人員の基準に差がありますので、特養のほうが介護付き有料老人ホームより高い場合もあります。
しかし、特養は食費と部屋代の減免制度が使える場合があります。本人の所得によって減免額は違いますが、所得が低い方ほど低額で入居できます。そのため特養は入所待ちが大勢います。介護施設に入居すると毎月の金銭負担は相当な額にのぼります。費用負担を考えた場合、入居可能な施設に空きがでないと施設に入ることができません。

 

介護施設環境整備の問題

3つ目は介護施設の環境整備の問題です。まず認知症の人の場合、住み慣れた自宅の環境だからこそ自立生活が成り立っているケースがたくさんあります。意識しなくてもものがどこにあるかを覚えていたり、使い慣れた道具があるから家事ができたりします。また物忘れがかなり進行しているように見えても、通い慣れた道なら迷わず行って帰ってくる、というケースも珍しくありません。そのため買い物や通院もなんとか自立することができ、それが本人らしい生活を支えることになります。

しかし、施設は自宅とはまったく別の環境になります。ものの位置も異なればトイレやお風呂の使い方もことなり、台所もなかったりします。施設は集団が生活しているなので個人宅のような作りにはどうしてもできません。中には私物の持ち込みをいっさい許可しない施設もあります。その場合、本人の認知症の悪化が予想され介護施設に入れない、ということになります。

さらに医療への対応についても鼻腔栄養はだめだけど胃ろうはOKとか、喀痰吸引が必要な人はだめ、人工透析している方は入居できない、といった施設側の環境整備の問題で入居できないことも多いです。

 

20160215154913-00903

 

介護施設大手

大手の介護施設の場合、スケールメリットをいかすことができます。結果的にいろいろな入居者の条件に対応できる範囲が広がります。以下は全国展開している介護企業です。

株式会社ニチイ学館
全国に1400箇所以上の事業所を有する日本で最大手の介護企業です。ほとんどすべての在宅介護サービスを有しており、入居型サービス(介護付き有料老人ホーム ニチイホーム)も全国に展開しています。

株式会社ベネッセスタイルケア
訪問介護・通所型介護サービスと入居型サービスを展開しています。入居型サービスは介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅など全国で300カ所以上運営。ホームは地域、料金、心身状態などさまざまな条件から検索することができます。

セントケア・ホールディング株式会社
こちらも全国展開の企業です。在宅介護サービスの種類も多く、入居型サービスについては有料老人ホームを持っています。また、介護保険施設であるグループホームや小規模多機能型居宅介護の運営をしていることも特徴です。

SOMPOケアメッセージ
主要な在宅介護サービスはおさえています。また独自のサービスとして在宅高齢者向けの食事の開発・提供も。介護付き有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅・グループホームの運営をしており、充実しています。

ツクイ株式会社
介護事業を運営してきた老舗といえる企業で全国に広く展開しています。在宅介護サービス、入所型サービスをそろえます。入所型サービスの種類はグループホーム、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅です。

こういった大手でなくとも、入居について柔軟に対応してくれるところはたくさんあります。まず入居の担当者に現状についてありのままに相談することをおすすめします。

 

20160215154911-01049

 

まとめ

ひとくちに介護施設と言っても、各施設によって入居できる条件が違います。中には重度な介護が必要になると退所してください、と言われる施設もあります。

介護施設を選ぶ時は、要介護者ご本人の将来的な変化も考えながら、じっくり選んでいく必要があると思います。

qna