福祉車両ってどうなったら福祉車両なの?福祉車両を調べみた!

AMBWFR Side profile of a mid adult man sitting in a wheelchair and waving his hand

介護を受ける人、介護をする人が外出や病院の受診等を受ける際の強い味方の
福祉車両、では福祉車両とは?何がどうなったら福祉車両というのか?
ここではそんな福祉車両について勉強していきたいと思います。

 

福祉車両って何?

身体が不自由な人や高齢者など、自動車の乗降や運転に困難を伴う人が使いやすようにした自動車のこと。
障害を負った人が運転しやすいよう補助のついた「自操式」と高齢者や車椅子を使用する人らが介助者に乗せてもらえるようにしている「介護式」の2種類があり、市販の車をベースとして、乗降を助ける装置や運転補助装置を加え、スライドドアやリフトなど車体の改造をしている。

例えば、車椅子のまま車内に乗り込む事が出来る車椅子仕様車(主に施設やデイの送迎で使用されている車がそうです)や座席自体がそのまま車外に出せるようになっていて乗降を助けるサイドリフトアップシート装着車、障害がある人が運転できるように運転補助装置(下肢に障害がある方用に手でアクセルやブレーキを操作できる、上肢に障害があり足でハンドル操作ができるなど)を着けた自操式の車両など、用途や使用する人によって様々です。

(あとで詳しく書かせてもらいますが)福祉車両は購入・使用にあたって、車両の構造案件や身体の障害の程度により、様々な助成金、助成制度を受ける事ができます。助成制度の内容は、各都道府県、市町村によって異なるので、詳細は車を購入する前に各担当窓口へお問い合わせください。

 

mig

 

 

福祉車両は中古でも買える?

結論から言うと可能です。

「福祉車両 中古」とパソコンやスマホで検索すると販売店や代理店が出てくるはずです。

福祉車両の中古車は一般的に距離はあまり長距離を走ってなく、無理な運転もされてない事が多く、いい車両が見つかりやすいと聞きましたが、やっぱり購入前の動作のチェックは必要ですね。

例として以下の点などに注意してみてください。

・スロープタイプのもの

スロープに歪みはないか?

スムーズにスロープを折り曲げれる(展開、収納)できるか?

・リフトタイプのもの

リフトの乗降、収納に異常はないか?

リフトのアームに傷がないか?

リフトのネジに緩みやリフトに油漏れがないか?

・回転スライドシートタイプのもの

回転スライドタイプのシートの回転はスムーズか?

スライドシートに引っ掛かりなどはないか?

・サイドリフトアップシートタイプのもの

シートがせり出した時にガタつきがないか?

リモコン式の場合リモコンの有無やボタン操作に異常はないか?

また、リフトなど電動式のものはバッテリーの残量などにも注意して必要なら交換してもらうといいでしょう。

購入の際には実際に乗る方を同伴して、実際に乗車や移乗しやすいかをチェックし、介護を受ける方、介助者共に使用しやすい車を選ぶ事が重要だと思います。

 

福祉車両で助成金をもらう方法

助成金とは一般的に厚生労働省で取り扱っている支援金のことを助成金と呼びます。

助成金は原則返済する必要性がなく要件を満たしていれば支給されるお金の事です。

 

福祉車両の購入、改造時には優遇、助成制度を受ける事ができます

色々な条件を満たさなければいけませんが利用可能な制度は活用しましょう。

 

福祉車両の購入などの車両そのものが対象になるものと、車両を改造し、補助装置やリフトなどの装着を施した装置について、税金が非課税になるものとが

あります。いずれも、取り扱う税金の違いがあるので自分の住んでいる地域の福祉事務所に相談するのが1番だと思います。

 

税金の非課税や減免・助成制度の対象になる車両

身体障害者本人が運転する場合 身体障害者などの対象となる人が所有または、運転する車両 身体障害者本人が運転しやすいよう運転補助装置(手動、足動補助装置等)装着車

スロープタイプ

リフトタイプ

サイドリフトアップシートなどの着いた車両

障害のある人と生計を共にするもの

運転する場合

対象となる人が所有、障害者本人の通学・通院・通所などに使用する車両
構造上、身体障害者の利用しやすいよう認められた改造をした車両 身体障害者の利用のために車椅子のリフトや固定装置

入浴装置を装着するなどの仕様がある車両

 

車両購入時に非課税・減免になる税金(各種条件が合った場合)

措置 種類 問い合わせ先
非課税 消費税 税務署
減免 自動車税・自動車取得税 各都道府県税事務所

 

その他にも運転免許取得時の費用の貸付や助成

自動車改造費用の助成などといったものがあるので問い合わせ先は

各都道府県福祉事務所、各市町村福祉事務所がおこなっているものもあるので

問い合わせてみてください。

 

法人の場合は

一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人社会福祉法人、地方公共団体(公営競技(競輪、ボートレース等)施行している団体は除く)

社会医療法人などの非営利活動・公益事業を行う団体は

日本財団から(必要性等の審査を受けてですが)助成を受ける事もできます。

 

ojiisan_kurumaisu

 

福祉車両の登録方法

福祉車両のナンバーは「3」「5」「8」の3つで

そのうちの「3」と「5」は一般乗用車と一緒で大きさや排気量などによって変わります

「8」ナンバーは「特種用途自動車」その名の通り特種な用途で使用される車に付与されるナンバーとなっています。

特種車両とはパトカーや救急車消防車等の緊急車両、給水車や教習車等の法令特定事業車、ポンプ車やレッカー車等の特種な用途で使用される自動車の事をいいます。

 

ちなみにこの「8」ナンバーには自動車税の減免制度があり(都道府県によって適応の可否、判断が異なりますが)

中古で購入した際も購入時に「8」ナンバーに変更する事で自動車税の減免が受けれる場合があります。

(自動車税・自動車取得税は地方税なので各都道府県で減免の判断が違いあすのでご注意を)

障害者手帳の交付のある、なしによっても減免されるかどうかは地方によってかわります。

減免を受ける際は、各都道府県税事務所に対して、必要書類を用意し、「自動車税・自動車取得税減免(減額)申請書(身体障害者に係るものもの)」を提出します。

様式の記入の際は、印鑑と障害者手帳、運転免許証、車検証(納税通知書)

個人番号確認書類が必要となりますのでご用意してください。

 

なので福祉車両の登録「8」ナンバーとしての登録は新車か中古車どちらも購入時に書類を用意し提出する方がいいでしょう。

 

福祉車両レンタカーでは

介護をされている方で福祉車両を購入するまでではないけど、外出や旅行の時に必要もしくはあったらいいなと思うことはないですか?

そんな時は福祉車両のレンタル、レンタカーを利用してみてはどうでしょう。

外出する時や自家用車やタクシーに車椅子を積み込むのは大変ですよね。

車椅子仕様の福祉車両をレンタルする事で車椅子の積み込みもリフトを使い

そのまま車内に入る事ができますので移動に楽ですね

では福祉車両レンタカーの料金を調べてみました

 

A社では

車椅子仕様車P2クラス(車種=シエンタやラクティス等

6時間まで 12時間まで 24時間まで 以降1日毎 超過料金
通常料金 5940円 6480円 8100円 6480円 1080円/時

 

ハイシーズン料金 7128円 7776円 9720円 7776円 1296円/時

・ハイシーズン料金は2017年8月1日〜8月20日の期間内出発の予約が対象

 

B社では

車椅子仕様車LCSクラス(車種=エブリィ、ワゴンR、タント、N―BOX等

6時間 12時間 24時間 以降1日毎 追加1時間
レンタル料 7000円 8000円 10000円 8000円 1300円

 

とレンタカーの会社によって期間や地方によって料金に違いが出たり

当然ですが取り扱いの車種も変わってきます。

身体障害者手帳をお持ちの方が運転や、同情する場合基本料金が非課税になるところもあるので、各手帳は予約時に申告と、出発時に提示してください。

 

tatemono_retal_car

 

まとめ

いかがでしょうか?福祉車両について購入やナンバーによって助成がある事

法人にも助成を受ける事ができる(非営利活動団体)がわかってもらえたでしょうか?

取り敢えず福祉車両の購入などの検討の際は都道府県の税事務所に問い合わせてどのような助成を受ける事ができるのかを問い合わせるのが重要だと思われるので、そのような場合は是非問い合わせてみて下さい。

qna