地域で大活躍の認知症サポーターって何!?

11

皆さんは、認知症サポーターという言葉をご存知ですか?
あるいは、サポーターの方に会ったことはありますか?

誰もが、認知症になる可能性があります。
また認知症の人が、今後急速に増加することも予想されています。
にもかかわらず、周囲の理解や支援が足りず、その結果悲しい事件、事故につながってしまう
ケースが後を絶ちません。

「社会全体で認知症を理解し、その人と家族を支えていく」ことは、喫緊の社会問題と捉える
べきでしょう。

今回は「認知症サポーター」についてご紹介したいと思います。

 

全国の認知症サポーター(8,829,946人 平成29年3月31日時点)の方々が、この社会
問題に前向きに取り組もうと、各地域で生まれ、活躍されています。
※下線部の数字は、『認知症サポーターキャラバンHP』より抜粋

 

認知症サポーターとは

認知症サポーター養成講座を受講することによって、私たちは認知症サポーターと
なることができます。

『認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対して出来る
範囲で手助けする「認知症サポーター」を全国で養成し、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに
取り組んでいます。
認知症サポーター養成講座は、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小、中、
高等学校の生徒など様々な方に受講いただいています。』
※厚生労働省HPより抜粋

つまり、地域住民の方から、金銭のやり取りがあり得るお店、あるいは学校の生徒など、幅広く
認知症サポーターを養成したいと考えられています。

また、専門的な知識・技術を有していなくても、まずは認知症に理解がある人が、認知症サポーター
として求められています。

『認知症サポーターに期待されること』
1 認知症に対して正しく理解し、偏見を持たない。
2 認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5 まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。
※厚生労働省HPより抜粋

 

rova2

 

 

認知症サポーター養成講座

認知症を正しく理解し、認知症サポーターとなるために、全国で受けることができる養成講座です。

都道府県、市区町村などの自治体、あるいは全国規模の企業・団体などが、認知症サポーターキャラバンと
共催で実施しています。

認知症サポーターキャラバンとは、認知症サポーター養成講座の講師役(キャラバン・メイトといいます)
の養成研修を行うほか、各自治体と、認知症サポーター養成講座を地域へ展開していくための研修も
行っています。
こちらのHPに、認知症サポーターに関する最新の情報が掲載されていますが、中でも養成講座に関する
情報を紹介します。

①認知症サポーター養成講座の開催場所
・・・認知症サポーターキャラバンHPに、全国の自治体事務局、その連絡先などが掲載されています。
個人で、学校で、あるいは職場で受講を検討されるのであれば、まずは問い合わせてみましょう。

②認知症サポーター養成講座の内容
・・・認知症はどういったものか、その症状(記憶障害、見当識障害、理解・判断力の障害、実行機能障害、
感情表現の変化)
・・・認知症の周辺症状とその支援
・・・認知症の診断・治療と、予防についての考え方
・・・認知症の人と接するときの心がまえ、介護している人の気持ちの理解
・・・認知症サポーターのできること

③認知症サポーター養成講座の所要時間
・・・おおむね1時間~1時間30分

こうした内容の養成講座を1回受講することで、認知症サポーターとなることができます。
受講後、認知症サポーターである目印として、オレンジリング(無料)が授与されるほか、認知症サポーター証
やバッジなど、色々なグッズも入手できます。

これらは、認知症の方の支援や、ちょっとした声掛けの際に提示することもできますので、何かしら躊躇する
場面があっても、役立ちそうですね。

 

 

02orangering_people

 

 

キャラバン・メイトって何?

認知症サポーター養成講座における、講師役のことをキャラバン・メイトをといいます。

⑴キャラバン・メイト養成研修を受け、
⑵年間10回程度(最低3回)を目安に、認知症サポーター養成講座を行える方が、
⑶全国キャラバン・メイト連絡協議会に登録します。

全国のキャラバン・メイト(139,157人 平成29年3月31日時点)の方々が、認知症サポーターの
広がりに貢献されているのですね。
※下線部の数字は、『認知症サポーターキャラバンHP』より抜粋

キャラバン・メイト養成研修の受講対象者は、以下のようにされています。
1.認知症介護指導者養成研修修了者
2.認知症介護実践リーダー研修(認知症介護実務者研修専門課程)修了者
3.介護相談員
4.認知症の人を対象とする家族の会
5.上記に準ずると自治体が認めた者
5-1 行政職員(保健師、一般職等)
5-2 地域包括支援センター職員
5-3 介護従事者(ケアマネージャー、施設職員、在宅介護支援センター職員等)
5-4 医療従事者(医師、看護師等)
5-5 民生児童委員
5-6 その他(ボランティア等)
※『認知症サポーターキャラバンHP』より抜粋

キャラバン・メイト養成研修の内容は、オリエンテーションに始まり、認知症サポーターに伝えたいこと、
認知症サポーター養成講座開催の運営方法(グループワーク等)、さらに養成講座の企画・運営のポイント
など、実践的なものとなっています。
研修は一日、目安となる所要時間は6時間です。

このキャラバン・メイト養成研修にかかる費用ですが、受講料は無料です。
ただし、参加のための交通費、宿泊費などは本人負担となります。

こうした養成研修を受講したのち、全国キャラバン・メイト連絡協議会に登録することで、市町村など
自治体にキャラバン・メイトとして情報提供がされます。
また、実際の養成講座開催について、各自治体の事務局と連携していくことにもなります。

キャラバン・メイトについて、他にも詳しい情報をお探しでしたら、お住いの自治体、あるいは
全国キャラバン・メイト連絡協議会(認知症サポーターキャラバンHP内)に問い合わせてみては
いかがでしょうか。

地域で認知症への理解が広がり、多くの支援の輪ができるよう、できることの1つと考えられるもの、
それが認知症サポーターであり、キャラバン・メイトだと思います。

 

family

 

 

まとめ

認知症サポーターについて、皆さんはどんな感想をお持ちになりましたか?

身近に接する機会がないと、なかなか認知症の人をイメージすることは難しいかも知れません。

認知症サポーターという取り組みがあり、それを知っていただくことが、「認知症の人、あるいはその家族と
当たり前に地域で暮らせる社会づくり」へとつながれば幸いです。
実際に養成講座に参加することもできますし、気軽に参加できる機会が、実は近くにあるのかもしれません。

周囲の理解と、ちょっとした手助け、見守りがあることで、地域で暮らしていける認知症の方は大勢
いらっしゃいます。
近所で、少し困った表情をされたお年寄りが一人立っていた時、「どうされました?」と声をかける前に、
「あれこれ」考えてしまう。そんな経験はありませんか?

認知症について知っていることがあれば、この「あれこれ」が一つ減り、支援への一歩につながるかも
知れません。見て見ぬふりなど、出来ればしたくありません。

私たち一人ひとり、認知症サポーターになっていきたいですね!

関連記事

認知症の日常自立度はどうやって調べたらいいの?

認知症予防ってどうやるの?テストや対策を大紹介!?

qna