ST , OT , PT ってなんなの!?福祉系国家資格3選

fotolia_62669026_subscription_monthly_m-e1432204711892

介護関係者が集まると「あの領域はSTではない」とか「あれはPTじゃなくOTがやるべき」なんてお聞きしたりします。

OT??   PT??   ST??

略語で呼ばれがちで最初に聞いた入門者はなかなかわかりません。

 

20150901020418

OT ,  PT ,  ST すべて国家資格である

OT は Occupational Therapistの略で 作業療法士と言います。

 

作業療法士は厚生労働大臣の免許を受けて作業療法士の名称を用いて、医師の指示の下に作業療法を行う専門家です。

「作業療法」とは、身体又は精神に障害のある人に対して、応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図ることを主眼に置いて、手芸、工作、スポーツ等の作業を行わせる療法です。

 

リハビリの一環ですね。

 

PTは Physical Therapistの略で 理学療法士と言います。

 

理学療法士も厚生労働大臣の免許を受けて理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に理学療法を行う専門家です。

「理学療法」とは、身体に障害のある人に対して、基本的動作能力の回復を図るため、対象者に治療体操その他の運動を行わせる療法です。

また、電気刺激(筋力回復)、マッサージ(こりをほぐす)、温熱(関節を柔らかくする)等の物理的手段も加えます。

 

こちらもリハビリの一環ですね。

 

大きな違いとしては

 

身体の基本的な機能回復をサポートするか(理学療法士)

 

日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートするか(作業療法士)

ですね。

 

現場レベルではその場その場で専門分野で分かれていいたり、代わりがなかったりみたいです。

wakatta-1

 

 

STはSpeech-Language-Hearing Therapistの略です。ちょっと長いですね

言語聴覚士と言います。

 

言語聴覚士は言語や聴力などコミュニケーションに障害のある人やその家族に対して、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、教育関係者等と連携を取りながら、相談・評価・訓練・指導などの専門的な援助を行います。

 

簡単に言うとコミュニケーション障害の回復をお手伝いするプロですね。

 

働き場所は医療機関のリハビリテーション科や脳外科、保健機関の老人保健施設や保健所などが職場となります。

 

専門用語でいうとわかりにくいですが

 

理学療法士は身体の基本的な機能回復をお手伝いするプロ

作業療法士は日常生活の回復をお手伝いをするプロ

言語聴覚士はコミュニケーション障害の回復をお手伝いをするプロ

と分かれています。

 

 

qna