認知症予防にコレはすごい!?「回想TV」を大紹介!

スクリーンショット 2017-04-26 17.20.43

認知症予防サービスは多々ありますが動画だけを提供しているサービスはありません。

今回はそんな認知症予防にになる「回想TV」をご紹介します!

 

回想TVってそもそも何?

回想TVとは、懐かしい映像(昔のニュースや歌、映画、風景、家族写真など)を、贈り主が視聴者の年齢や好み等を登録しておくことで、その視聴者だけのために番組編成して配信するインターネットTVです。

例えば昔よく見ていた歌番組などを登録しておくことで事業所などみんなが集まった時などに「回想TV」を流すと涙を流しながら見たり、みんなで口を揃えて歌った事例など効果の高いコンテンツとして実証されています。

 

スクリーンショット 2017-04-26 17.04.26

 

回想療法からコンテンツを作っている

認知症予防の手法は色んな脳の機能に刺激を与え実施しますが「回想TV」では
回想療法から認知症予防をしています。

回想療法って何?

回想法療法は1960年代にアメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱した心理療法です。当初は高齢者におけるうつ病の治療として行われていましたが、後に認知機能が改善することも明らかになり、認知症のリハビリとしても実践されるようになりました。現在、日本でも介護施設などで取り入れられています。

認知症の患者は、短期記憶といって少し前にあったことを記憶することは得意ではありません。しかし、昔のことについては覚えていることが多いため、回想法を行うことができるのです。

回想療法の効果

昔のことを思い出そうとしたり、他者と「話す」「聞く」といったコミュニケーションを図ったりすることで自然と記憶力や集中力などが使われ、脳が活性化されます。

認知症の症状の進行を遅らせることが期待できるほか、蘇った思い出が楽しいものであるほど、心理的に安定する効果も見込めます。「自分はこんな人生を歩んできたんだ」と過去を振り返ることで失っていた自信を取り戻せることも。

・精神の安定
人間は、誰もが承認欲求を持っています。「自分の話をきちんと聞いてもらえる」ということは、心の安定を図るうえで、非常に有用です。また、昔の話をすることは、自分の人生を振り返ることにもつながり、精神面を充足させます。

・人と繋がり接点を持つ意欲の向上
人と繋がり接点を持つ(話したり)、ということは、認知症の予防につながります。これは、脳の血行が促進されるからだと考えられています。また、人と話す機会をたくさん持つことによって、もし認知症になったときでも、すぐに周囲の人が気づき、早期治療に取り組みやすいというメリットがあります。

・脳の活性化
記憶を呼び起こし、脳から思い出を引っ張り出すことは、脳を動かすことにつながります。これによって、脳の活性化を図ることができます。

上記の様な効果が見込め認知症の回復が期待できます。

 

「回想TV」は多様な使い方ができる!

回想TVは決まった番組ではなくその人、その場に合った使い方できるので色んな組み合わせが可能です。

また要介護度ごとへのコンテンツ配信ができるの利用者の状態によって選ぶことができます。

ウェブサイトに要介護1と要介護5のサンプルがありますのでぜひご覧になってください。

 

スクリーンショット 2017-04-26 17.04.26

 

まとめ

介護や認知症に特化したコンテンツや会社は増えていますが筆者は「回想TV」はとても魅力的に感じました。
それは利用者自身の経験や記憶から認知症予防ができ新たな刺激から予防する訳ではないからです。

介護職の方で経験がある方が多いと思いますが昔のことを覚えている高齢者の方は多く、何かのきっかけでその記憶が良い効果が出ることがあります。

それをコンテンツ化したのが「回想TV」です。

これからCARERとして応援していきたいと思います!

 

qna