「介護用品」と「福祉用具」って何が違うの?介護周りの道具について大紹介!

アイキャッチ2

介護用品と福祉用具。どちらもよく聞く言葉で大体のイメージは浮かぶと思いますが、これらの言葉の違いがわかりますか?

また、どういう商品があるのか、そして福祉用具専門相談員という仕事についてもご紹介します!

 

介護用品と福祉用具の違い

介護用品は、文字どおり介護に用いる商品のことで、福祉用具は、要介護者の日常生活を送る能力を改善したり、少なくとも維持したりするのに使われます。つまりどちらかというと、福祉用具の方が軽度の要介護者向けであることが多いです。

具体的には、介護用品は紙おむつ・尿取りパッド・リハビリパンツなどが販売され、福祉用具は車椅子特殊ベッド・手すり・スロープ・歩行器・歩行補助杖・自動排泄処理装置などがあります。これらの福祉用具は貸出用で、貸出に適さない福祉用具は販売されます。販売用としては入浴補助用具・簡易浴槽などがあります。

 

 

具体的にどう使われているの?

各製品がどんな役割を担っているのかについて、いくつか見ていきましょう。

まず介護用品について、尿取りパッドが有名ですね。商品によって異なりますが、ある一定量までの排尿を吸収することで、漏らしてしまわないようにしてくれるものです。もちろんトイレで出来る時が望ましいですが間に合わない時もあります。お漏らしをを気にしなくてすもようになったことで、一時はお漏らしが怖くて外出を控えていた人が再び外出するようになって前より元気になるなど、さまざまな効果が見られます。

次に福祉用具についてです。杖・歩行器・車椅子等を用いると自分の好きなように移動できるので、もちろん大変重要ですし、手すりやスロープ(工事を伴うものは、住宅改修になり別の給付)は転倒を防ぐ事から転倒による怪我(大腿骨頚部骨折や橈・尺骨遠位端骨折など)を防いでくれます。特に大腿骨頚部骨折は寝たきりになる原因になりやすいので、これも極めて重要です。

販売用の福祉用具では、入浴補助用具や簡易浴槽は高齢者に多い入浴中の事故から守ってくれますし、入浴を躊躇しないようにもしてくれます。保清だけでなくリラックス出来る入浴を諦めずに済むのは、精神衛生上も良い効果があります。

 

 

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員という仕事があります。介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が義務付けられている専門職です。他の介護保険サービスの専門職と連携しながら、高齢者の自立した生活を、福祉用具でサポートします。具体的には以下の仕事があります。

選定相談 ご利用者の心身の状態や使用環境などから、福祉用具で解決できることを一緒に考え、一人ひとりにあった福祉用具を選ぶお手伝いをします。
計画作成 相談内容にもとづき、福祉用具の利用計画(福祉用具サービス計画)を立てます。
適合・取扱説明 ご利用者のからだの状態や使用環境に合わせ、福祉用具の調整をおこないます。また、福祉用具を安全かつ有効に使っていただけるよう、取り扱いについて説明します。
訪問確認(モニタリング) 定期的にご利用者宅を訪問し、福祉用具の点検や使用状況の確認などをおこないます。

都道府県知事の指定を受けた研修事業者が実施する「福祉用具専門相談員指定講習」を受講し、50時間のカリキュラムを修了する必要があります。講習の最後に、習熟度を測るための修了評価(筆記の方法による)がおこなわれます。

まとめ

介護用品と福祉用具の違いはわかりましたか? 福祉用具専門相談員という仕事があるんですね。自分にあった福祉用具がわからないことも多いと思うので、積極的に相談してみましょう。今後は一つ一つの商品を詳しく紹介する記事をアップしていきます。

関連記事

介護のオムツをもっと知りたい!介護のオムツを大解剖!

qna